(5)

現在、わたしたちがイメージするサンタクロースの風貌は、コカコーラ社の広告によって作り出されました。
コカコーラ社は創業当初から広告による商品宣伝に力を入れていましたが、純良食品運動家たちがコカコーラには麻薬やカフェイン、アルコールが入っていて子供に飲ませるのは危険だと訴えたため、女性や子供の市場から締め出されていました。
この悪いイメージを払拭するため、コカコーラ社はサンタクロースを起用し、1930年冬の雑誌の広告に画家フレッド ミゼン(Fred Mizen)の描いたサンタクロースの絵を登場させました。
その翌年の1931年コカコーラ社は「サタデー・イブニング・ポスト」誌に掲載された広告に当時既に広告アーティストとして成功していたハッドン・サンドブロム(Haddon Sundblom)を起用しました。
サンドブロムはそれまでのサンタの服の色が赤が多かったとはいえ、さまざまだったのをコカコーラの赤に統一し、それまでの小妖精的なサンタクロースとは異なる人間味のある人物像を創り出しました。
サンドブロムはその後35年間にわたってコカコーラのサンタを描き続け、コカコーラ社の世界制覇の商品戦略によって、世界中にその風貌が広まったのです。
サンドブロムの描いたコカコーラのサンタはこちらでご覧になれます。


これまで、作られたサンタクロース像を見てきました。
サンタクロースは本当に居るのでしょうか。
このこどもたちの疑問に対する答えとして最も有名なのが、1897年に8歳の少女がニューヨークの地元新聞”The Sun”に寄せた質問とベテラン記者の回答です。


右が1897年9月21日の「ザ・サン」のコラムです。
「ザ・サン」は、当時、アメリカの地方紙で最も権威のある新聞のひとつでした。
ニューヨークに住む8歳の少女バージニア・オハンロン(Virginia O'Hanlon)は、友達から「サンタさんなんて、本当はいないんだよ」と言われ、悩んで父親に相談したのです。
困った父親は、「新聞社に聞いてみたら」と逃げをうちました。
バージニアは本気になって「ザ・サン」に手紙を出しました。 『サンタさんはいるのですか。と。

この手紙を受け取った新聞社は、48歳のベテラン記者 フランシス・ファーセラス・チャーチ(Francis Pharcellus Church 1839-1906)に、回答をコラムに書くよう命じたのです。
バプテスト派の牧師の家庭に生まれた彼は、南北戦争の特派員などを経て、当時は「ザ・ザン」の論説委員としてコラムを書いていましたが、辛辣な記事で物議をかもしだすことが多く、特に宗教がらみの記事ではなおさらでした。
その彼にこの手紙が回ってきたのです。

彼が重圧を感じたであろうことは容易に想像できます。
他愛ない少女の質問とはいえ、多数の読者を抱えた権威ある「ザ・サン」を代表する見解を述べなければならなかったからです。お茶を濁す程度の回答では読者が黙っている筈もありません。誠実に、自分のすべてをかけて回答を書かなければならなかったのです。
彼の回答は、少女に対する回答の形をとっていますが、大人の手ごわい読者を十二分に意識した回答でした。
このコラムが掲載されるや、物凄い反響を呼び、読者から感動を綴った手紙が新聞社に殺到しました。
以後1949年まで毎年「ザ・サン」のクリスマスの紙面に繰り返し掲載され続け、また世界各国に紹介されています。
わが国でも、朝日新聞、読売新聞、NHKなどが取り上げています。

Francis Pharcellus Church 記者が書いたコラムの全文です。
.
Is There a Santa Claus ?
We take pleasure in answering thus prominently the communication below, expressing at the same time our great gratification that its faithful author is numbered among the friends of The Sun:


Dear Editor--

I am 8 years old. Some of my little friends say there is no Santa Claus. Papa says, "If you see it in The Sun, it's so." Please tell me the truth, is there a Santa Claus?
-- Virginia O'Hanlon, 115 West Ninety-fifth street


Virginia, your little friends are wrong. They have been affected by the scepticism of a sceptical age. They do not believe except they see. They think that nothing can be which is not comprehensible by their little minds. All minds, Virginia, whether they be men's or children's, are little. In this great universe of ours, man is a mere insect, an ant, in his intellect as compared with the boundless world about him, as measured by the intelligence capable of grasping the whole of truth and knowledge.

Yes, Virginia, there is a Santa Claus. He exists as certainly as love and generosity and devotion exist, and you know that they abound and give to your life its highest beauty and joy. Alas! how dreary would be the world if there were no Santa Claus! It would be as dreary as if there were no Virginias. There would be no childlike faith then, no poetry, no romance to make tolerable this existence. We should have no enjoyment, except in sense and sight. The external light with which childhood fills the world would be extinguished.

Not believe in Santa Claus! You might as well not believe in fairies. You might get your papa to have men to watch in all the chimneys on Christmas eve to catch Santa Claus, but even if you did not see Santa Claus coming down, what would that prove? Nobody sees Santa Claus, but that is no sign that there is no Santa Claus. The most real things in the world are those that neither children nor men can see. Did you ever see fairies dancing on the lawn? Of course not, but that's no proof that they are not there. Nobody can conceive or imagine all the wonders there are unseen and unseeable in the world.

You tear apart the baby's rattle and see what makes the noise inside, but there is a veil covering the unseen world which not the strongest mean, nor even the united strength of all the strongest men that ever lived could tear apart. Only faith, poetry, love romance, can push aside that curtain and view and picture the supernal beauty and glory beyond. Is it all real? Ah, Virginia, in all this world there is nothing else real and abiding.

No Santa Claus! Thank God! he lives and lives forever. A thousand years from now, Virginia, nay 10 times 10,000 years from now, he will continue to make glad the heart of childhood.

和訳はこちらをご覧ください。

TOP 1 2 3 4 5 6